熊崎のなちなち

基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではない状態で命を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必ず要る最低限のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
インフルエンザ(流感)に適応する予防法や医師による処置等、このようなベーシックな対策というものは、それが季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
「肝機能の衰退」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等3つの数値によって分かりますが、ここ数年間で肝機能が減衰している人数が増加しているとされています。
2005/02/01以降新しく全ての特定保健用食品の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すコピーの印字が食品メーカーに義務付けられている。
塩分と脂肪の摂り過ぎをやめて自分に合う運動を行い、ストレスの少ないような暮らしを続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を防ぐ方法です。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が動かなくても消費してしまうエネルギー量であり、その半分以上を全身の様々な筋肉・最も大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使っているということです。
エイズウイルス、すなわちHIV保有している血液や精液のほか、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に接触すれば、HIVに感染する可能性が出てくるのです。
めまいは出ないのに、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを数回繰り返すタイプの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere's Disease)」という呼称で呼ぶケースがよくあります。
肝臓をきれいに保ち続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、即ち、肝臓を老けさせない対処法を地道におこなうことが有効だと考えられます。
ハーバード医大HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上ノンカフェインコーヒーを代用することで、なんと直腸がんの罹患リスクを5割以上も減少させることができたらしい。
20代、30代で更年期になるとしたら、医学的な用語では「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(我が国の場合40才未満の女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と言います)。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合は酷い腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱も出るのが見分けるポイントです。
総合病院 求人 熊本市
自動体外式除細動器AED)は医療資格を保有しない人でも利用できる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスに従って対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の緊急処置の効き目をもたらします。
高齢化が原因の耳の聞こえ辛さはゆっくりと聴力が落ちるものの、大体は60歳を超えないと耳の衰退をあまり自覚できないのです。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、大人に比べると若い子どものほうが広まった放射能の有害なダメージを受容しやすいことが見て取れます。